【ゲームレビュー】第3次スーパーロボット大戦Z天獄編

今日はとあるゲームの話をしたいと思います。

その名もスパロボです!

スパロボはαの時からずっとやってきており、αシリーズは第3次まで全シリーズクリアしました。また、古い作品だとプレステで第3次、第4次、EXをやりましたので、それなりに詳しい方ではあります。

大学生の時に初代Z、第2次Z破界までクリアしたのですが、その続編ということで「第2次Z再世」「第3次Z時獄」「第3次Z天獄」をぶっ続けで先日クリアしました。

今回はその中でもシリーズ完結編である「第3次Z天獄」についてのレビューなどしていきたいと思います。

1.第3次Z天獄編のシステム

本作の特徴をいくつかあげると、
(1)Dトレード
(2)タッグシステム

ここら辺が特徴的ですかね。

まずDトレードですが、こちらは簡単に言うと強化パーツを売買できるシステムです。

これまでのスパロボは敵を倒すことで強化パーツをゲットできました。本作でもそれは同様なのですが、手に入れた強化パーツを売ってZチップと言うものに換金したり、逆にZチップで強化パーツを購入することができます。

なおZチップは敵機撃墜でも手に入りますし、他にも、一言で言うと敵との戦闘で「熱いバトル」をすることでも手に入れることができます。

熱いバトルというのは例えばアクシズが落ちる直前のマップでアムロとシャアを戦闘させる、みたいな原作に沿ったライバル同士の戦闘などのことです。

このシステムがあるおかげで、例えばゲッターが主人公のマップなのに、Wガンダムのマップ兵器で無慈悲に瞬殺するみたいなことはしなくなるので、よりキャラクター間の会話やストーリーを楽しむことができます。

また、Zチップは強化パーツを売ることでも手に入るので、今まで全く使われずに眠っていた、カートリッジとかマグネットコーティングとかはさっさと売り払って有効活用ができるというわけです。

で、Zチップで購入できる強化パーツですが、これがなかなかすごい性能です。
例えば、リヴァイヴ・セルと言うパーツはレベルが10上がるごとに全武器の攻撃力が+100、装甲が+50されると言うものです。

やばくないですか?

終盤だとレベル80とかになっているのでこれをつけるだけで攻撃力が+800されます。鬼強いνガンダムにつけてさらに強くしても良いし、好きな機体でもう少し強ければ使うんだけどと言うユニットにつけて有効活用するのもありです。

こんな感じで色々な強化パーツが購入できますが、1回の周回だと全部の強化パーツを購入するのは無理なので何回もプレイして試して見たくなるように作られていると感じました。

次に(2)タッグシステムについてです。
これは敵の1部隊を殲滅すると、倒した味方ユニットのテンションが1上がり、2貯まると特殊なサブコマンドを使用できると言うものです。

サブコマンドは5個くらいあるのですが、利用頻度が高いものでいうと
・マルチアクション:敵を撃破すれば再行動できる
・ブーストアップ:移動力が+5される
などのコマンドがあります。

スパロボあるあるかと思いますが、あと移動力が1あれば撃墜できるのにと言うのがよくあるのでそれを解消したり、敵を撃墜して踏み台にすることで遠くの敵にまで戦闘を仕掛けることが可能になったりします。これにより、さらに戦略性の高い戦闘が可能になるわけです。

ここまでシステムについて説明してきましたが、私的にはこのシステムはなかなかGoodでした。

Dトレードで購入する強化パーツによりキャラの育成計画が変わってきたり、タッグバトルで戦略性が広がると言う意味で、プレイの幅が広がるのが非常に良かったかなと思います。

悪い点を強いてあげるなら、タッグシステムの再行動のおかげで特定の1キャラだけで敵を全滅されることもできてしまうので、成長が偏ってしまう場合がある点ですかね。

2.第3次Z天獄編のストーリー

ストーリーについては正直微妙です。

前作までで分からなかったことが解消されていたり、物語として完結している点では良いのですが、ちょっと茶番な感じはしてしまいますね。(スパロボってだいたいそう言うものかもしれませんが)

大体敵に全滅させられそうになると、気合と勇気と愛と信頼 etc…で不思議なパワーが湧き上がってきてなんとかなります。

結局ピンチになってもご都合主義でどうにかなるんだろって言う感じは否めません。

3.第3次Z天獄編の難易度

難易度は難しすぎず簡単すぎずかなりちょうど良いかなと言う感じでよかったと思います。

熟練度を全部取るためには的外れなキャラ育成を行っていたら無理だし、育成をうまくできていても難しいマップは難しいです。

たとえば、全員2回行動をするミケーネ帝国とか、3回行動でマップ兵器打ちまくってくるオリジナルボスとか、同ターンに全部撃墜しないと復活するHP激高のボス軍団とか、結構難しいマップあります。

多分スパロボ初めてだと結構難しいですが、経験者であればちょうど良いと言う感じかなと思います。

4.第3次Z天獄編の総合評価

第3次スーパーロボット大戦Z天獄編の総合評価はズバリこんな感じです!
システム :★★★★☆
ストーリー:★★☆☆☆
難易度  :★★★★★
総合   :★★★★☆

ストーリー以外はOK!
戦闘・育成システムはとても面白かったです。
皆さんも是非やって見てください!

 

最後に:第3次Z天獄編のおすすめタッグ

以降はやったことある人向け。
本作の私のおすすめタッグを紹介します。

(1)マジンガーZ + ゴットマーズ
(2)バサラ + 覚醒持ちキャラ

(1)は高火力グループです。
マジンガーはエースボーナスのおかげで、気力130以上になると与ダメージが1.2倍になります。さらに高火力長射程ALL武器の光子力ビームとMAP兵器ビッグバンパンチ、超高火力の格闘兵器ビッグバンパンチと隙がないです。しかも序盤から手に入るので育成もしやすい。まずはマルチターゲットとヒットアンドアウェイのスキルを覚えさせて、光子力ビームでレベル上げですね。

ゴッドマーズについては、雑魚キャラ臭はしましたが、気合+を持っているのでマジンガーの気力をあげるためのただのサポート要員として入れていました。ですが、実はこれが強い!何が強いかというと固有スキルの超能力がスキル+1ごとに武器の威力が+100されること。スキルレベル9で+900ですからね。さらに覚醒持ち。私は援護攻撃L4まであげてサポート攻撃の威力を+20%してサブとして使っていました。

このチームだけでガンガン敵を倒してくれるのでレベルはすぐ上がります。序盤は光子力ビーム頼りでEN切れになることもありましたが、終盤はどちらも格闘で30,000ダメージを与えてくれるので、EN消費なしでどんな雑魚も1撃。さらに覚醒とマルチアクションを使えば、1ターン目でボス以外の敵は綺麗に片付いています。

(2)はサポートグループです。
言わずと知れた気力あげで超役立つバサラですが、サポートの覚醒とバサラの熱血を組み合わせれば、1ターン目で全キャラ気力140まで上がります。サポートは私は強化パーツを4つつけられるキリコに精神ポイント回復のパーツをつけて使っていましたが、誰でも良いかと思います。

2ターン目以降も熱血要員として使えます。というのもバサラのDynamite Explosionは熱血をしてから使うと、周囲1マスのキャラ全員に熱血付与というぶっ壊れ性能です。バサラを使うのと使わないのではこのゲームの難易度が全然違うので使っていなかった人は是非使って見てください。

そのほかに役立つユニットとしては、柿小路(エースボーナスでマップクリア後に精神ポイント回復アイテム獲得+カスタムボーナスで補給で気力5アップ)、ゼロ(戦術指揮で味方の能力値アップ+エースボーナスで戦術指揮行うたびにpp30くらいゲット→速攻成長でカンスト)とかですね。

というわけで、第3次スーパーロボット大戦Z天獄編面白いです!
やって見てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です