【誰でも年間1万円ゲット】インフラサービスを楽天に切替えて見たらめちゃくちゃおトクだった件

こんにちは。

今日はこんな悩み・願望を持った人向けの情報提供です。

・手間をかけずにお金が欲しい
・逆に手間をかけてでもがっつりお金が欲しい
・日々の携帯料金やクレジットカードの支払いでおトクに還元を受けたい

おそらく多くの人が上記の願望を持っているのではないでしょうか。

私も同様の願望を持っていて調査・行動したところ、簡単に年間3万円のお金を得られることができました。

具体的には日常で使っている様々なインフラを楽天に切り替えることで達成できたのです。

というわけで今回の記事の内容は下記のとおりです。

  1. 楽天がお得な理由
  2. 楽天に何を切り替えたら良いのか
  3. 楽天で具体的に幾らトクするのか

劇的に生活が豊かになるわけではありませんが、手間をかけずに毎年数万円のお金が貰えるのであれば、皆さん試してみたいと思いませんか。

それでは具体的に見て行きましょう。
(もちろん、怪しい詐欺ではありませんので心配しないでください)

1.楽天がお得な理由

なぜ、楽天を利用することでお金が得られるのでしょうか。

大きな理由は以下の3点です。

  • SPUでポイント還元が得られること
  • 楽天の提供する幅広いサービスでポイントアップが得られること
  • ふるさと納税でもポイントを得られること

SPUというのはスーパーポイントアッププログラムの略称です。
楽天市場ではものを購入するたびにポイントが得られるのですが、特定の条件を満たすことでこのポイントを大きくアップさせることができるのです。

ではどうすればポイントアップされるのかというと、楽天の提供する様々さサービスを利用することで達成可能です。サービスの内容も色々あって、楽天でんきや楽天mobileなど誰でも利用するインフラサービスが多いので簡単にポイントアップできるのです。詳細は後述します。

さらにさらに!
これが大きいのですが、ふるさと納税でもポイントがつきます。
ふるさと納税は誰でも無条件で得する節税制度なので是非やるべきですが、楽天市場ではふるさと納税として購入した商品にもポイントがつくのです。普段大きな買い物をしない人でもふるさと納税では大きな金額の買い物をすることになるので、これに例えば20%のポイントがつくと、多い人だとそれだけで2万円とかポイントを貰えるのです。どうでしょう。かなりお得だと思いませんか。

興味を持ってもらえた方はさらに具体的に何をしたら良いのか一緒に確認して行きましょう。

2.楽天に何を切り替えたら良いのか

先ほど説明したように、楽天でお金を得るには楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)を利用してポイントアップを狙い、特にふるさと納税を利用するのが大事でした。

そこでどうすればポイントアップされるのか以下にまとめました。
また、色々ある中で全部のサービスを利用するのは不可能ですので、分類してどのサービスを使うべきかも解説して行きます。

⑴契約が必要なもの
・楽天カード:+4%
・楽天銀行:+1%
・楽天でんき:+0.5%
・楽天mobile:+1%
⑵契約不要かつ利用すべきもの
・楽天市場アプリ:+0.5%
・楽天ビューティ:+1%
・0or5のつく日キャンペーン:+1%
・楽天チーム勝利キャンペーン:+1〜3%
・買い物マラソン:+1〜9%
⑶必要に応じて利用するもの
・楽天トラベル:+1%
・楽天ブックス:+0.5%
・楽天kobo:+0.5%
・楽天fashon:+0.5%
・楽天ひかり:+1%
・楽天保険:+1%
・楽天証券:+1%
・楽天TV/NBA楽天:+1%

(1)契約が必要なもの

契約が若干面倒ではありますが、楽天市場を利用する人であれば是非全員利用したいサービスです。
少し詳細を書くと以下となります。
・楽天カード(ゴールド)の発行
・楽天銀行の口座開設
・電気会社を東京電力などの現在の利用会社から楽天でんきに切替
・携帯の通信会社を楽天mobileに切替

どれも以下の各サイトから申し込むことができるので是非申し込んで見てください。

  • 楽天カード
  • 楽天銀行
  • 楽天でんき
  • 楽天mobile

なお注意点とお得情報があります。

注意点は楽天カードは銀行カードとクレジットカードが一体化したものは購入してはいけないということです。一体化したカードはポイント還元率が悪くなってしまいます。
また、クレジットカードはゴールドを申し込みましょう。年間2200円かかりますが、ノーマルカードが+2%、ゴールドカードが+4%なので、大体10万円分を楽天市場で買い物する場合は元が取れる計算になります。

お得情報についてですが、楽天mobileに乗り換える(MNP)際は端末購入キャンペーンがやっていないか確認しましょう。
2020年8月現在だとOPPO A5 2020(価格:¥20,019)を購入するとポイント20000円分が付与されるので、実質19円で購入が可能です。もし端末が不要であればメルカリで売れるので、実質端末購入で収支がプラスになります。ちなみに楽天mobileは1年間通信量無料のキャンペーンをやっており、それだけでも超絶おトクですのでこの機会に是非申し込んで見てください。

契約不要かつ利用すべきもの

こちらは人それぞれだと思いますが、契約も不要なので是非使うべきものです。

楽天市場アプリ:スマホにインストールして、アプリ経由で購入するだけでポイントアップなのでとても簡単です。
楽天ビューティ:今使っている美容室に特にこだわりがないのであれば、楽天ビューティ経由で美容院を利用することでポイントアップできます。期限もありますが、大体の2ヶ月間隔くらいで美容院に行けば常にポイントアップの状態になります。
0or5のつく日キャンペーン:その名の通り、5,10,15,20,25,30日のポイントが1%アップするので購入する日を注意するだけで恩恵が受けられます。
楽点勝利キャンペーン:楽天が所有しているサッカーチームや野球チームが勝つと翌日のポイントがアップするキャンペーンです。運要素が強いので上がったらラッキーくらいで考えたほうが良いかもしれません。
買い物マラソン:最大9%追加でもらえるので、かなりお得です。楽天市場で同月に1000円以上購入したショップの数だけポイントがプラスされるというものです。若干面倒ではありますが、ふるさと納税を行う月にまとめて購入するなどすれば便利に利用できると思います。

(3)必要に応じて実施するもの

人を選ぶサービスなので、楽天で本を購入したり、服を買ったりする人などは利用しても良いかもしれません。個人的にはサービス自体がいまいちだったり、費用かかる割にポイント還元率が小さいので利用しなくても良いと思います。

3.楽天で具体的に幾らトクするのか

楽天のサービスを説明してきましたが、それでは具体的にどれくらいおトクなのかシミュレーションして見ましょう。
楽天市場で年間5万円の買い物をして、ふるさと納税をmax行う場合でシミュレーションします。ふるさと納税のmax金額はふるなびのサイトで確認できるので、これに従ってシミュレーションします。
また、楽天で利用するサービスは以下を前提とします。

・楽天カード:+4%
・楽天銀行:+1%
・楽天でんき:+0.5%
・楽天mobile:+1%
・楽天市場アプリ:+0.5%
・楽天ビューティ:+1%
・0or5のつく日キャンペーン:+1%

合計で+9%なので、ベースで付与される1%に加えて10%のポイントが付与される。楽天市場での買い物には10%のポイントが付与されることとする。

また、ふるさと納税についてはまとめて同月でまとめて行うこととし

・買い物マラソン:+9%

も付与されることとすると、19%のポイントが付与される。

それでは2パターンでシミュレーションして見ます。

<パターン1>:年収500万円、子無し夫婦世帯、夫のみ働く
・楽天市場:¥50,000 → 10%で¥5,000のポイント付与
・ふるさと納税:¥49,700 → 19%で¥9,443のポイント付与
合計¥14,443のポイントが付与
<パターン2>:年収750万円、子無し夫婦世帯、共働き
・楽天市場:¥50,000 → 10%で¥5,000のポイント付与
・ふるさと納税:¥118,900 → 19%で¥22,591のポイント付与
合計¥27,591のポイントが付与

どうでしょう。毎年これだけの不労所得が手に入ります。もし、もっと楽天市場を頻繁に利用する人や、年収が大きい人であればさらにポイントが多くもらえます。

少ないと思う方もいるかもしてませんが、一度楽天に各種サービスを切り替えるだけで毎年これだけの金額がもらえるとしたらかなりお得ではないでしょうか。

日々楽してお金が欲しいと考えている方。
この方法であればほとんど手間いらずで実現できますので、是非試して見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です